開催地変更の経緯について

@砂川舞台
覚え書きです。私の主観です。
実行委員会全体の見解ではありません。
でもどうしてもお伝えしたいので、書きます。

3/6
21:00過ぎに緊急事態発生の報を受け、翌日10:00に美唄で緊急会議の段取りをつける。

3/7
色々調整しつつ、美唄に向かう。
緊急事態は美唄市民会館館長や、ホールスタッフの懸命の努力の跡は見られるものの
復旧の目処は立たず、現状ではフェスの開催は困難と思われた。
続々と各地域から集まるフェス実行委員と、長時間に渡り協議を行った。
その間も館長は代替開催場所を探し続け、ホールスタッフは事態の収拾に奔走した。
美唄市役所の担当の方や、教育委員会の方などにもご尽力頂いた。

しかし

開催日を1週間前に控えた状況での代替開催場所は、簡単には見つからない。
我々技術スタッフも、可能性のある場所を見せて頂いたり、関係各所に連絡してみたものの
最終的に開催日程に合う場所は”砂川”しか無かった。

私達は最後の最後まで、美唄での開催を目標にしてきました。
それは誰よりも開催に向けて頑張ってきた美唄市民会館の館長をはじめ、
事務所スタッフ、舞台スタッフの皆さんが望んできた事であり、同時に私達実行委員の総意でもありました。
夕方まで協議を続け、美唄での開催を断念せざるを得ないとの結論に至りました。
本当に、残念でなりません。本当に。誰のせいでもないのですから。

ですが

チケットを買って頂いたお客様に、
自分達の舞台を観てもらう為に稽古を重ねてきた各劇団の努力を、
無駄にする事は出来ません。

開催地は 砂川市地域交流センターゆう になりました。
なったからには全力でお迎え致します。
制作スタッフ、技術スタッフ、各劇団の皆さん、交流センターゆうの職員、一丸となって
皆様のご来場をお待ちしております。

今週末は、砂川へ。
地域交流センターゆうへ。
いつもとは違う、演劇フェスティバルをお楽しみ下さい。
[PR]
by sorachiengeki | 2016-03-08 01:28 | 第5回そらち演劇フェスティバル


2010年に立ち上がったプロジェクト「そらち演劇フェスティバル」のブログ。北海道空知管内の街が協力して創る演劇祭です。


by sorachiengeki

プロフィールを見る
画像一覧